現在の私の主な仕事

作務衣や羽織などの商品を作っています。作務衣は上着を作る人とパンツを作る人に分かれており、私はその中間に立って、上下の付属品作りとサポートをしています。また、裁断済みの生地の修正や、商品のお直し等も行っています。

今までで一番大変だったこと

現在、縫製は3人しかいないため、3人で何十枚という商品を数日で仕上げなければならないことが今までも、そして今も大変です。常に時間に追われています。また、商品が違えば縫い方はもちろん、付属品の有無など異なるので、把握するのに時間がかかりました。

仕事のやりがい

織物で有名な桐生の街で、日本の文化と胸を張って日本製だと言えるものづくりができることに私はやりがいを感じます。まだ手探りなところもありますが、作業場の環境は充実していて、きれいで作業しやすいです。